長野原町 風が好き 人が好き 夢はここから

長野原町の概要


位置図

位置図2

やまどり

町の鳥:やまどり

むらさきつつじ

町の花:むらさきつつじ

からまつ

町の木:からまつ

浅間山

浅間山

吾妻渓谷

吾妻渓谷

湯かけ祭り

川原湯温泉 湯かけ祭り


高原まつり

北軽井沢 高原祭り 

地勢

長野原町は、群馬県の西北部に位置し、東は東吾妻町、高崎市、西は嬬恋村、北は草津町、中之条町、 南は長野県軽井沢町に接しています。町の北部を東西に吾妻川が流れ、平行してJR吾妻線と国道 144、145号が走っています。また、南部の浅間高原地帯から吾妻川に向かって熊川が流れ、 与喜屋地区で合流しています。
 町域は、東西12キロメートル、南北18キロメートル、総面積は133.85平方キロメートルで、町土の80%近くが山林原野等です。南北に細長い地形と高低差が約1000mもあることから多彩な自然があふれています。
 町の北部は、吾妻川に沿って集落が立ち並ぶ標高510m〜830mの山岳傾斜地帯で、山が近くまで迫り平らな土地はあまり多くありません。南部は、浅間山の北麓に広がる標高850m〜1350mの浅間高原地帯で、平均気温は8月が20度くらい、2月はマイナス6度くらいで、最低気温はマイナス20度まで下がることもあります。
 北軽井沢(長野県境付近)の一部地域は上信越高原国立公園に含まれています。

沿革
 長野原町に集落が誕生したのは、今から約8500年前(縄文時代早期)で、石器や土器の発見がその足跡を伝えています。また、町内には、中世の遺産も数多く残り、古くから文化的にひらけていたことが伺われます。その後、江戸時代には草津温泉、川原湯温泉への湯治客や善光寺への参詣者が行き交い、交通の要衝地として栄え、明治22年の町村制施行により近隣の一町九村が合併し「長野原町」が誕生しました。平成元年には、町制施行100周年を迎え、記念式典が 盛大に行われました。
 平成15年1月に、西吾妻4か町村任意合併協議会が設立され、同年12月に、西吾妻地域合併協議会(法定協:草津町・六合村・長野原町)が設立、16年4月に、西吾妻4か町村合併協議会(法定協:草津町・嬬恋村・六合村・長野原町)が設立され、町村合併への協議・検討等が行われましたが、平成16年10月をもって両法定合併協議会は解散となりました。

長野原町の特性

【特性1】
3国道の基点が結節するとともに、上信自動車道の建設が進められている交通の要衝のまち

 長野原町は、群馬県の西北部に位置し、前橋市まで約56km、東京都心まで約150kmと、県都や東京に比較的近接するとともに、関越自動車道や上信越自動車道、長野新幹線、上越新幹線といった高速交通網へのアクセスも比較的容易に行える立地条件にあります。
 また、国道144号・145号・146号の3国道の基点が結節し、草津温泉や鬼押出し、万座温泉、軽井沢など、県内はもとより長野県を含めた主要観光・リゾート地等を結ぶ交通の要衝としての役割を果たしているほか、JR吾妻線が東西に走り、川原湯温泉駅、長野原草津口駅、群馬大津駅、羽根尾駅の4つの駅を有し、上野駅や首都東京に直結しています。
 さらに現在、渋川市と吾妻郡、長野県東御市を結ぶ地域高規格道路・上信自動車道の建設が進められており、広域的アクセスは飛躍的に向上し、様々な発展可能性が開けることが予想されます。

【特性2】
浅間高原地帯と吾妻川流域に代表される、森と水につつまれた優れた自然環境・景観を誇るまち

 長野原町は、西部に浅間山北麓に広がる標高900〜1300mの広大な浅間高原地帯を有する、緑輝く高原のまちであるとともに、中部及び東部には吾妻川が東西方向に流れ、美しい渓谷を形成し、うるおい豊かな水辺空間にも恵まれ、都市部ではみられない森と水につつまれた優れた自然環境・景観を誇ります。
 「自然環境の豊かさ」は、町民の満足度が高い項目の1つとしてあげられており、これらの自然は、町民のかけがえのない財産であり、長野原町ならではの貴重な地域資源でもあります。


【特性3】
全国有数の別荘地・高原リゾート地「北軽井沢」をはじめ、魅力ある資源を有する観光・リゾートのまち

 長野原町は、西部の浅間高原地帯に、古くから別荘地・高原リゾート地として全国的に知られ、数々の著名人が別荘を持つ北軽井沢地区があるほか、草津温泉の上がり湯として親しまれ、八ッ場ダムの建設に伴い新たに整備される川原湯温泉、浅間牧場、ゴルフ場、キャンプ場、ハイキングコース、イベント等々、多彩で魅力ある観光・リゾート資源を有し、訪れる観光客は、年間およそ120万人にのぼっています。

【特性4】
西吾妻福祉病院をはじめ、保健・医療・福祉環境が充実した健康福祉のまち

 長野原町には、広域的な医療拠点である西吾妻福祉病院をはじめ、医療施設(医科・歯科)が6か所あるほか、保健面においても、町民の健康づくりの促進を基本に、母子保健や成人・老人保健をはじめとする生涯の各期に応じた各種の保健サービスを提供し、着実にその成果を上げてきています。
 また、広域的な高齢者福祉・障害者福祉の拠点として、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や福祉作業所等が整備されているほか、地域包括支援センター(平成18年度)、保育所(平成19年度)の開所・運営、子ども館や社会福祉協議会の活動も活発に行われ、充実した福祉環境を誇ります。

【特性5】
日本有数の酪農地帯と高原野菜の産地を形成し、新鮮な農畜産物を供給する農業のまち

 長野原町では、観光・リゾートと並ぶ基幹産業として、広大な土地や夏期冷涼な気候など恵まれた自然条件を生かし、特色ある農業が活発に展開されています。
 特に、西部の北軽井沢・応桑地区を中心に、広大な開拓地を生かした日本有数の酪農地帯とキャベツ、レタスをはじめとする高原野菜の産地が形成されており、新鮮な農畜産物を提供する食料供給基地として大きな役割を果たしています。
 このように、長野原町は地域特性を生かした特色ある農業を大切に育んできたまちであり、農業をめぐる環境が厳しさを増す中で、これらを維持し、さらに発展を目指します。

【特性6】
八ッ場ダム建設とともに新しい地域づくりが進められているまち

 長野原町では現在、町の東部を中心に、八ッ場ダムの建設が進められています。八ッ場ダムは、国直轄の多目的ダムで、治水と利水が主目的のダムであり、下流部における洪水被害の軽減と首都圏の都市用水の開発を行うもので、極めて重要な役割を果たす施設です。
 長年にわたる幾多の経緯を経て、現在、水没関係者の生活再建を最優先に、関連する5地区一帯を中心に様々な地域整備が実施あるいは計画されており、新たな地域づくりが進められつつあります。
 今後とも、国及び県、町が一体となって、これら八ッ場ダム関連地域の新たな地域づくりに取り組んでいくとともに、町全体の発展に生かしていきます。

 

 

         
  出来事  
  明治22年 5月 近隣10ヶ村が合併、長野原町が誕生。  
  昭和4年 11月 庁舎完成。現在に至る。  
  昭和10年 12月 長野原〜渋川間、長野原〜草津温泉間、上州大津〜長野県真田間のバス運行を開始  
  昭和20年 1月 太子線開通、長野原駅で貨物営業開始  
  昭和21年 1月 長野原駅で旅客営業を開始  
  4月 川原湯駅で旅客営業を開始  
  昭和27年 5月 建設省から八ッ場ダム調査について、町長あてに通知が届く  
  9月 県立吾妻高等学校長野原分校開校  
  10月 太子線を「長野原線」と改名  
  昭和28年 2月 ダム反対住民運動大会開かれる。町長等が国へ反対陳情  
  昭和40年 2月 町長、議長が県知事の招請を受けダムの相談  
  昭和41年 2月 町議会、全員一致で八ッ場ダム反対決議  
  昭和42年 4月 町営浅間園(浅間火山博物館)の営業開始  
  昭和43年 4月 県立吾妻高等学校長野原分校を「県立長野原高等学校」に改名  
  昭和45年 7月 町章制定  
  昭和46年 3月 国鉄長野原線が嬬恋村へ延長される。「吾妻線」に改名  
  昭和48年 1月 ごみ処理場完成、操業開始(嬬恋村、六合村、長野原町で運営)  
  3月 長野原町へき地診療所(応桑診療所)開所  
  昭和49年 7月 吾妻広域消防西部消防署長野原分署開かれる  
  11月 八ッ場ダムについて、文化庁から河川局長に対し「渓谷の本質に影響が及ぶ場合は不合意」との見解が示される  
  昭和50年 3月 建設省がダムサイトの位置を上流へ変更する  
  昭和51年 3月 長野原町誌発行  
  昭和53年 7月 山村開発センター完成  
  11月 八ッ場地内に縄文時代早期の土器類出土  
  昭和57年 7月 台風10号により大被害(被害総額約32億円)  
  昭和62年 1月 大字名変更により「大字北軽井沢」が誕生  
  12月 国道145号線、長野原バイパス着工  
  12月 八ッ場ダム立ち入り調査協定調印式  
  平成元年 3月 前橋地方法務局長野原出張所廃止  
  4月 行政区等の呼名改正(区、消防団、学校)  
  5月 浅間記念館(2輪車展示館)完成  
  10月 町制施行100周年記念式典  
  平成3年 10月 米国モンタナ州リビングストン市と姉妹都市提携調印(10月28日)  
  12月 JR長野原駅が「長野原草津口駅」に、川原湯駅が「川原湯温泉駅」に駅名変更される  
  平成4年 3月 町営住宅羽根尾団地(12戸)完成  
  8月 応桑住宅団地の分譲開始  
  平成5年 3月 町営住宅羽根尾団地(12戸)応桑団地(12戸)完成  
  5月 特別養護老人ホーム「からまつ荘」完成(西吾妻四町村が出資)  
  7月 浅間火山博物館新装オープン  
  平成6年 4月 粗大ゴミ・不燃ゴミ処理施設完成  
  平成7年 11月 第三次長野原町総合計画策定  
  平成8年 3月 一般廃棄物最終処分場完成  
  10月 県企業局が応桑狩宿内に発電所を設置  
  11月 オウム関連施設が破産管財人により封鎖  
  平成9年 2月 オウム関連施設の解体。破産管財人より長野原町関連施設と土地が無償譲渡される。  
    千葉県大原町(現:いすみ市)と親善都市として交流事業開始  
  平成10年 3月 国道145号長野原バイパス開通  
  4月 長野原町中央簡易水道組合が町営に移管  
  7月 八ッ場ダム建設に伴う水没地区のモデル代替地完成  
  9月 法政大学村開村70周年式典  
  平成11年 3月 学校給食センター改築竣工  
  10月 鬼押ハイウェー軽井沢線・町道浅間線相互乗り入れ道路開通  
  11月 町制施行110周年記念式典  
  12月 自衛隊員による西吾妻福祉病院敷地造成工事完成  
  平成12年 1月 町立応桑幼稚園移転竣工  
  2月 長野原町ホームページ開設  
  2月 千葉県大原町第3回ホワイトスクール開催(大原町内小学5年生200名参加)  
  2月 地方分権一括法の施行を行うための行政改革大綱見直し(平成12年度から16年度までの5カ年で実施)議会臨時会において了承される  
  3月 町立中央幼稚園改築竣工  
  4月 行政改革により「水道事業課」が「上下水道事業課」に、「住民課」「保健福祉課」「高齢者対策室」が「住民福祉課」となる。  
  平成13年 1月 老人福祉センター竣工  
  6月 八ッ場ダム建設に伴う補償基準に関する調印  
  平成14年 1月 町営住宅北軽井沢団地(12戸)竣工  
  2月 西吾妻福祉病院開院  
  8月 町立第一小学校移転竣工  
  平成15年 1月 西吾妻4か町村任意合併協議会設置(草津町・嬬恋村・六合村・長野原町)  
  4月 へき地診療所移転、竣工  
  7月 町立中央小学校屋内体育館・屋内プール竣工  
  12月 西吾妻地域合併協議会設置(法定協:草津町・嬬恋村・長野原町)  
  平成16年 2月 町営住宅応桑団地22号棟(12戸)竣工  
  4月 西吾妻4か町村合併協議会(法定協:草津町・嬬恋村・六合村・長野原町)  
  9月 21年ぶりに浅間山が中規模噴火(9月1日 20:02)  
  10月 西吾妻地域合併協議会、西吾妻4か町村合併協議会解散  
  平成17年 2月 町営住宅長野原駅前団地(12戸)竣工  
  9月 八ッ場ダム建設事業の代替地分譲基準に関する調印(9月7日)  
  平成18年 1月 旧草軽電鉄駅舎保存工事完了  
  2月 町営住宅横壁住宅(8戸)竣工  
  6月 役場機構改革、グループ制導入  
  平成19年 1月 町立東中学校移転竣工  
  4月 保育所開所、運営スタート(完成:19年3月)  
  平成20年 4月 長野原浄化センター竣工  
  消防団再編(川原畑・川原湯→湯畑分団(8)、林・横壁→林横壁分団(9)) 合計10分団から8分団へ  
  平成21年 2〜4月 浅間山が小噴火を繰り返す。噴火警戒レベルが3に上昇。  
  3月 町営川原湯住宅(8戸)、町営住宅林住宅(10戸)竣工  
  平成22年 1月 町立西中学校屋内運動場竣工  
  7月 旧草軽電鉄駅舎 電車モニュメントお披露目式  
  平成23年 2月 長野原町全域で、光ファイバ網による超高速インターネットサービス提供開始  
  4月 役場機構改革により、町民生活課税務グループが「税務課」となる  
  J−ALERT(全国瞬時警報システム)運用開始  
  5月 千葉県いすみ市と災害時における相互応援に関する協定書締結(5月27日)  
  平成24年 3月 町営住宅一本松団地(8戸)竣工  
  4月 役場機構改革により、産業建設課が産業課と建設課に分かれる  
  平成25年 3月 ホームページリニューアル  
  4月 道の駅 「八ッ場ふるさと館」 オープン  
  平成26年 3月 町営川原畑団地(4棟)竣工  
  4月 役場機構改革、係制導入  
         

 




Copyright(c) 2015 Naganohara Town All Right Reserved